英語で子育てするために

英語学童・プリスクールを経営するWings Kids Familyではご家庭で英語を使うことを、あまりお勧めしていません。なぜなら、英語で子育てをするためには、ご両親の相応の英語力が前提条件として存在するからです。

というのも、幼いお子様は周りの大人の見様見真似で学習していくからです。

ご家庭における英語学習においても同様で、ご両親の発音・アクセントををのまま身につけてしまうのです。

しかし、ご家庭で『子育てに英語を取り入れる』ことができれば、メリットがあるのは確かです。

今回はご家庭で『子育てに英語を取り入れる』ことのメリットを紹介したいと思います。

子育てに英語を取り入れる3つのメリット

ご両親の英語が伴っていて、お子様にも是非バイリンガルとして育ってほしいと考えていらっしゃる場合、ご家庭で子育てに英語を取り入れるメリットはたくさんあります。

その中でも3つの大きなメリットについて紹介します。

1.高まる英語需要

グローバル化が進む中、これまでのペーパーテスト中心の英語教育が見直され、英語によるコミュニケーション能力が重視されています。

2020年度からは小学校3・4年生から英語が外国語活動となり、5・6年生では教科として必修化されます。

もちろん英語の需要は受験のためだけでなく、社会に出てからも必要とされるものです。

お子様が成長し活躍する時代、英語は仕事をするうえで必要不可欠な能力になっていることでしょう。

そんな時代でお子様が輝くためにも、早いうちに英語への抵抗を失くしてあげることが重要です。

お子様はリラックスできる環境で学ぶことで、どんどん新しい知識を吸収していきます。

お子様がストレスなく過ごせる第一の環境はご家庭です。

つまり、条件さえ揃えば、ご家庭もお子様の英語習得において最適な環境の一つとなり得るのです。

 

2.幼少期の言語習得能力

「臨界期仮説」というものを聞いたことはありますか?

皆様の中にも、母語である日本語習得には全く苦労しなかったのに、第二言語の英語の習得には苦労された方がいらっしゃるのではないでしょうか?

臨界期仮説は言語学者が打ち立てた、「言語をスムーズに習得することのできる能力の年齢的限界がある」という仮説です。

この臨界期が一般的には12~15歳の間に訪れると考えられており、それまでの間に第二言語を習得し始めることで、よりスムーズに習得することが出来ると考えられています。

すなわち、幼少期に英語を学び始めることによって、将来的に英語を自由自在に使えるようになる可能性を高めることができるのです。

実際、Wings Kids Familyに全くの英語初心者として入会されたお子様も、週3回で一年半通うことで、約7割のお子様が、ネイティブに近い英語力が身につけています。

3.質と量

英語を習得するためには、もちろん量も大切な要素です。

アメリカ国務省の付属機関であるForeign Service Instituteという組織によると、英語と文法構造の全く異なる日本語話者が、英語を「日常生活に困らないレベル」まで習得するためには、2400~2760時間もの時間がかかります。

しかしながら、日本の英語教育は中学校・高校合わせて約1000時間、2020年から小学校でも英語科が義務化しますが、それも約200時間ほどです。

つまり、学校教育だけでは必要時間の約半分の時間のみなのです。

子育てに英語を取り入れることで、この必要時間とのギャップを埋めていくことが出来るのです。

子育てに英語を取り入れる方法

ご家庭での取り入れ方

日本に暮らしながら、家庭内で完全に英語で話すことは難しいと思います。

部屋の壁にアルファベットの表を貼ったり、英語の絵本を一緒に読んだりといった簡単な事の繰り返しでも、毎日続けることで成果を生みます。

また、英語のDVDやCDを流すのは簡単です。

しかし、子供は人との対話によって言語を習得していくので、ただ見せ続けるのではなく、ご両親と一緒に見てコメントし合うなどのコミュニケーションを設けることが重要です。

子どもは脳に刺激を受けて学んでいくのです。

なので、イラストを見ながら机上で学ぶというよりは、実際にリンゴを食べながら”apple”という単語を学んだり、アイスを食べて”cold”という単語を学ぶ方が、子どもの脳は効率的に英語を学ぶのです。

日本語のままならない幼少期のうちに英語学習を始める場合、注意しなければならないことが二つあります。

一つ目は、『英語と日本語の区別をはっきりつける』ということです。

幼い子供は英語と日本語の区別を自分一人ではすることが出来ません。そこで、例えば、毎日お風呂に入ってる間だけは英語で話す等といった、英語で話すときと日本語で話すときの場所と時間の区別をつけることが大切なのです。

二つ目は、冒頭でも触れたように、家庭で英語を使って子育てをするためには、『ご両親が英語を不自由なく使える』ということが前提ということです。

家庭で英語を学ぶ際、お子様はご両親の英語を真似することによって英語を学んでいくので、ご両親が正確な発音で正しい文法を用い話す必要があるのです。

英語を楽しませるために

お子さんが英語を学ぶことに抵抗しないためにも英語の”勉強”という意識を持たせないことも大切です。

英語の歌が収録されたCDを聞きながら一緒に歌を歌ったり、外国のボードゲームを英語で一緒に遊ぶなど、お子様が自ら積極的にやりたいと思えるような英語学習環境を作ってあげることで、英語習得のハードルを下げることができます。

Wings Kids Familyでも使用しているおすすめのボードゲームはこちらです↓

THE GAME OF LIFE 英語版

まとめ | 英語で子育てするために

いかがでしたでしょうか?

以上が英語学童・プリスクールのWings Kids Familyが日々感じている、ご家庭での『子育てに英語を取り入れる』3つのメリットです。

繰り返しになりますが、ご家庭の子育てに英語を取り入れるためにはご両親が英語を不自由なく使えることが前提になります。

しかしながらご両親が英語に不安があり、お近くにお子様が楽しんで通えるような英会話教室やプリスクールに通わせることが出来る場合、英会話教室やプリスクールに通うことも選択の一つです。
Wings Kids Familyは保育園や学童の代わりとして通うことが出来るので、現在お子様を日本語の保育園や学童に通わせている方は、是非一度Wings Kids Familyの子供達の様子を覗いてみて下さい!