Lucca

スクール側からの先生紹介

ドイツから名門早稲田大学で法学を学ぶために日本にやってきたLucca。

トリリンガルであるLuccaは、英語、ドイツ語、そしてフランス語の三つの異なる言語を使いこなす秀才です!

そして彼女の座右の銘は「継続は力なり」。子供たちが間違いを恐れずに、日々楽しんで英語を学べる環境を創り上げてくれています!

自己紹介(英文)

Hi, nice to meet you! I am Lucca from Germany. I am a law student and currently enrolled in a Master of Laws program at Waseda University.

I only started learning English in Grade 6, but thanks to great teaching, self-motivation, and spending a lot of time abroad only speaking English I have been able to achieve a near-native command of the language.

Given this background, as a teacher, I aim to create a welcoming and supportive learning environment where the kids can feel comfortable practicing their English without being scared of making mistakes.

Practice makes perfect! Learning a second language at such a young age should be fun, but still focused on reaching our goals. Seeing progress is a big motivation not only for the teachers but also for the children themselves.

Therefore it is important to me to keep track of their development and to provide a source of constant encouragement.

I am looking forward to having you join me in the adventure of learning English together!

自己紹介(和訳)

こんにちは、はじめまして!ドイツから来ました、ルカです!

私は法学部の学生で、現在早稲田大学の法学修士課程に在籍しています。

私は小学6年生から英語を学び始めましたが、自分の強みでもある高い自発性と積極性、そして英語しか通じないという異国での環境で多くの時間を過ごしたおかげで、ネイティブに近い英語力取得を達成することができました。このような経験から、私は教師として、子供たちが間違いを恐れることなく英語を快適に練習できるような学習環境を作ることを目指しています。

「継続は力なり!」

子供達のような若い年齢で英語を学ぶことは楽しいことです。だからこそ、この歳から間違いを恐れることなく英語を話すことを子供達に教えていきたいです。 子供達の成長や進歩を見ることは、先生達だけでなく子供達自身にとっても大きな刺激です。なので、常に励まし、手を差し伸べて彼らの成長を見守る事が大切です。 一緒に英語を学ぶ冒険に参加してくれる事を楽しみにしています!