Silmi

スクール側からの先生紹介

インドネシア出身で、日本ではあまり触れることのできないイスラム文化を優しく教えてくれる素敵な先生。

子供達はいつもSilmiが頭に巻く「ヒジャブ」というイスラム教徒の女性が身に着ける織物に興味津々。

現在も名門慶應義塾大学の大学院でキャリアデザインを研究し、学術論文を執筆したり、国際会議で発表もしてしまう現役のスーパー慶應ガールです!

自己紹介(英文)

Hi I am Silmi from Indonesia and I am a Muslim. Some of the kids at Wings are always wondering about the piece of fabric that I use on my head.

It’s called “Hijab”, a piece of head covering that most Muslim women are wearing. Feel free to ask me questions about it!

I came to Japan in 2015 to continue my study. I’ve gotten my master degree and currently continuing to a doctoral degree at Keio University Graduate School of Media Design with research focus in the use of media and technology in career education for children.

I always have interest in children and education, in line my design background, I like to incorporate some art or creativity whenever I do volunteering or teaching activity with children.

I come from a country where English is neither the first nor second language. I started learning English when I was 10 years old and now I am using English to write academic papers and present my research in an international conferences.

I understand how fun yet challenging it could be to learn a foreign language. And I believe everyone can do it too!

And, last but not least, I LOVE to dance. Don’t be surprised if you see me dance like there is no tomorrow in class 😉

自己紹介(和訳)

こんにちは。インドネシアから来たイスラム教徒のSilmiです!Wingsの子供達は私がいつも頭に巻いている織物にとても興味津々です。これは「ヒジャブ」と言い、ほとんどのイスラム教徒の女性が頭を覆うために身に着けているものです。

もし興味があればぜひ質問してください!

私は2015年に勉強するためにここ日本に来ました。修士号を取得し、現在は慶應義塾大学の大学院メディアデザイン研究科で博士号を取得し、子供向けのキャリア教育におけるメディアとテクノロジーの使用に関する研究に重点を置いて勉強しています。

私はとても子供と教育に関心があり、子供達のためにクラスなどの教育活動をするときは、大学院でのメディアデザイン研究の経験や創造性を、積極的に授業などに取り入れたいと思っています。

私は英語が母国語でもなければ、第二言語でもない国の出身です。10歳のときに英語の勉強を始め、現在では英語を使用して学術論文を執筆し、国際会議で自分の研究を発表しています。そんな私だからこそ、外国語を学ぶことがいかに楽しくて、やりがいのあることか子供達に伝えたいのです!そして、誰もがその楽しさに気づく事ができると思います!

最後に、私はダンスが特に大好きです。いきなり踊り始めても、驚かないでください!;)