Sebastian

スクール側からの先生紹介

アジア圏出身としては稀に見る、ピカイチの英語力を誇るMaddie。
また英語だけでなく広東語やベトナム語も使いこなすトリリンガルで、言語習得の経験が豊富。
現在日本の大学で経営学部を学びながら、子供達の英語習得に貢献してくれています。

自己紹介(英文)

Hello everyone! My name is Sebastian but I also go by Seb if that’s easier!

I was born and raised in the Philippines but moved to Japan for my undergraduate studies.

I’ve been in a similar situation as the students we teach as English was not my first language. I grew up speaking both English and Tagalog because of my parents and so I can relate to the students we teach and I exercise greater patience and care because of this.

I always try and make my students feel that “class time” is less like a strict class and more like a casual fun conversation so that they don’t associate the English language with stress or anxiety, but rather, something that is used to talk about fun things, their interests, their favorite food or shows, etc.

自己紹介(和訳)

皆さん、こんにちは!僕の名前はセバスチャンですが、セブの方が呼びやすかったらセブと呼んでください!

私はフィリピンで生まれ育ちましたが、学部生になるために日本に来ました。

英語が母国語ではないので、私はスクールで教えている生徒たちと同じような境遇にいました。また、私は両親の影響で英語とタガログ語の2言語を使って育ったので生徒たちと共感できることが多くあり、その分、子供たちの学びに寄り添うことができます。

また、「クラス」」といっても厳しいものではなく、英語を学ぶことがストレスや嫌々にならないようにカジュアルで楽しく会話する時間になるように自分の興味や好きな食べ物、番組などについて話すよう常に心がけています。