Sarah

スクール側からの先生紹介

優しくも面白い、とっても秀才なSarah。

世界有数の名門大学、ロンドン大学出身であり、実に6つもの異なる言語を話す事ができる。

だからこそ、言語習得に励む子供達をとても理解し、寄り添ってくれる先生です。

自己紹介(英文)

Hi there, my name is Sarah and I’m from Belgium- a country famous for chocolate, waffles, and French fries (yes, those are also Belgian).

Having a French mother and Belgian father, I was raised as a multilingual, but I learnt English at a young age to make friends for whenever we traveled.

When it was time to choose a university, I decided to major in Japanese at SOAS, University of London as I wanted to learn more about Japan’s culture and language while living in an English environment.

As a non-native speaker, I understand that learning a new language can be daunting, especially when you talk to native speakers, but I would like to instil confidence in children’s minds that as long as they try hard, never give up, and most importantly have fun, they can do anything.

I am a gentle and rather calm teacher, but I can also be rather silly! Just have a look at my very popular ‘cat boy’ and ‘Pikachu’ drawings.

Who said that stickman drawings can’t be crowd-pleasers?

自己紹介(和訳)

こんにちは、サラです!チョコレートやワッフル、フライドポテトで有名なベルギーの出身です。(実はこれらみんなベルギーの名産です!)

私はフランス人の母親とベルギー人の父親がいるため、マルチリンガルとして育ちましたが、異国の地で友達を作れるよう、幼い頃に英語も学びました。

大学を選ぶとき、英語の環境で生活しながら日本の文化や日本語についてもっと学びたかったので、ロンドン大学で日本語を専攻することにしました。なので他言語を扱う難しさはよく知っています。

だからこそ、子供たちが一生懸命努力し、何より英語学習を楽しめるよう、全力でサポートします!

私は優しくて落ち着いた教師ですが、エンターテイナーにだってなれます!