Lin

スクール側からの先生紹介

中国出身のLinは英語と日本語も使いこなすトリリンガル。
エンターテイメント業界を夢見て努力してきた彼女は、非ネイティブながら、自身の努力のみで英語と日本語を身につけてきた努力の天才です。

自己紹介(英文)

Unlike other teachers who are native English speakers or have an overseas education background, I was just like kids of Wings who started attending English pre-school since kindergarten.
Basically, my language background could sum up shortly, I worked I learned and I developed.
With the self-cognition of language could be a strong weapon to explore a further career, as you may notice that I came from the theatre field,
I chose to participate in more internationalized projects(Broadway, etc) as a bilingual producer and stage manager.
Kids from Wings are angel, my heart will just melt every time I bump into their adorable smiles.
Wouldn’t describe my job as helping them with English, mutually I got inspired by those pure souls to be a better human being.
I enjoy chattering and playing with kids, which is absolute fun, they always climb me like a bunch of cute little monkeys.
Somehow I understand how kids feel when they were fascinated by the freshness and passion of learning a second language, because of me once a part of them.

自己紹介(和訳)

英語を母語としていたり、海外での経験を持っていたりする他の先生と違って、わたしはWings Kids Familyの子どもたちのように英語のプリスクールに通って英語を習得しました。
わたしの言語的なバックグラウンドはいたってシンプルで、一生懸命に学んで英語の能力を身につけました。
自分の中での言語の認識は将来において強い武器になります!もう気がついているかもしれませんが、私は舞台の分野で活動をしていました。
バイリンガルのプロデューサー、ステージマネージャーとしてブロードウェイのような国際的な舞台に携わっていました。
Wings Kids Familyの子どもたちは、私にとって天使のような存在です。子どもたちの可愛らしい笑顔を見ると、心が溶けるような心地がするほどです!
私の仕事はもはや教える、という言葉だけにはとどまらないような気がしていて、最近では子どもたちの素敵な大人になりたい、という純粋な気持ちに私自身もやる気をもらっています。
子どもたちとおしゃべりをしたり、子どもたちが小さなお猿さんのように私によじ登って遊んだりしてくれるのはとても楽しいしんです。
それに、私には子どもたちが”英語”に対して新鮮さを感じ、情熱を持って挑み、ワクワクしてくれていることが良くわかるんです。
それはきっと私自身も昔そんな気持ちだったから、なんです。