Lia

スクール側からの先生紹介

イギリス、スペイン、中国と3ヶ国のバックグラウンドを持つLia。日本の歴史が好きで、特に渋沢栄一の生き様にとても共感するとのこと。
モデルの仕事もこなしていた彼女は、チアダンスにサッカーにバドミントンと、多彩な一面を持っています。
自己紹介文からもわかる通り、子供達にとって最もベストな教授法や接し方はどういう形か、ということを凄い深く考察していて、
その勉強熱心さたるや、周りの先生も学ぶことが多いです!

自己紹介(英文)

Hello everyone! I’m Lia, I was born in England but my ethnicity is mixed English,
Spanish and Chinese so I see my self as very culturally mixed.
My uniqueness as a teacher is definitely the fact that I am not only very interested in educating the children but I’m also interested in learning from them!
I love to get to know them and I find myself learning new things from them every day.

For example , I did not quite know that it was possible to find a mixed mushroom-apple-Lollipop
in the convenience storebut as I found out since working here …IT IS.

I’m so happy to make good relationships with every student, I want them to feel happy and confident when speaking English with me.
I would also say that this is definitely my strong point, as well as the fact that I can sense how my class feels very much, I like to creat a happy atmosphere.
If any of them are feeling down , I have the jokes to make them giggle and I’m also a pro tickler.
As well as that, I love having the chance to teach the children British English,
I think that it would be very interesting and different since American English is used more often in Japan.

Thank you for reading my introduction!

自己紹介(和訳)

こんにちは、私はリアといいます。私はイングランドで生まれましたが、スペイン人、中国人の文化的背景を兼ね備えています。

私は、ただ子供達に英語を教えるだけでなく、子供達と同じ目線に立って彼等からも何かを教えてもらおうとする姿勢を大切にしています。

そんな関係性の中で子供達との距離感がちょっとずつ近づいていく感じが大好きで、また実際に私も毎日彼等から新しい事を沢山学べています。

 

例えば、マリオに登場するキノコが現実にあるなんて夢にも想像してなかったのに、子供達がコンビニで見つかるよって教えてくれたりー。
(キノコのキャンディが売ってたんです!)

 

全ての子供達とこんなに仲良くなれるってとても幸せな事です。子供達には私との会話を楽しんでほしいし、
自信を持ってほしいと思いながら接しています。

彼等の機微に触れながら、和やかな空気感を作っていくことが先生として私が頑張っているところです。

もし、子供たちの中に気持ちが乗りきらない子がいるとしたら、その顔を笑顔にかえてあげられる自信があります!
また、アメリカ英語に触れる機会の方が多い日本の子供達に、イギリス英語も教えるられることを本当に嬉しく思います。

子供達はきっと日本で多く使用されるアメリカ英語との違いに興味を持ってくれるはずです!