清岡由香

池尻大橋校・マネージャー

Wings Kids Family
池尻大橋校
清岡 由香

プロフィール

1980年

Humbolt State University in U.S.A. 2年留学。
留学後、商社や外資銀行の貿易事務として勤務。

1986年

結婚し退社。翌年長男出産、翌々年次男出産。

1991年

七田式才能開発教室認定講師として3教室を立ち上げ、4年間運営。

1995年

大手生命保険会社部長付秘書として10年間勤務。

2005年

インターナショナルプリスクール(目黒区内)にてマネージャーとして3年間勤務。

2008年

英語で預かる学童保育事業にて、カリキュラム制作責任者、
マネージャー研修官、新規開校等を5年間担当。

2013年

Wings Kids Family 池尻大橋校開校を担当

1987年の秋、初めて自分の赤ちゃんを胸に抱きました。
生まれたての我が子を手にした時、大きな感動でその手が震えたことを今でもはっきり覚えています。

その後、何もできなかった赤ちゃんが、どんどん物を覚え、私の声がけに反応するようになり、急速に成長してきます。
成長の速さに驚き、その瞬間を目の当たりにするにつけ、今度は親としての責任を重く感じる様になした。

どのように教育すれば我が子は幸せになるのだろうかと真剣に考える様になり、その時、七田真先生とお話する機会得、
幼児教育に携わるようになりました。我が子も教室の子供達も、漢字や数式、俳句や詩でも、楽しければどどん吸収し、
周りの大人を驚かせてしまうのを目の当たりにする日々でした。
子供達のポテンシャルの大きさを実感した最初の体験です

では英語教育についてはどうなのか。
結婚前より、2言語、3言語を話す人たちと一緒に仕事をしていた経験から、高度な英語教育を受けている日本人が、
何故英語に対して苦手意識が強いのか、大きな疑問を感じていました。
受験英語ではなく、自由にコミュニケーションができる英語を身につけることが肝心、
とは誰しもが思うところではないでしょうか?

 

大手英語教育事業で、幼児〜児童期向けのカリキュラム制作責任者を経験しました。
バイリンガル教育について著名な先生の本や講演などに触れ、また脳科学者による研修等で勉強させて頂きがら取り組みました。
そして、北海道から兵庫県まで英語教育の現場で多くの子供達に接し、「年齢」「接触量」「環境」の3項目が適切な条件で揃うと、
どの子も自然と
英語を身につけることが可能である事を体験しました。

これらの体験により、子供達が日本語を犠牲にすることなく、日本の幼稚園、保育園、小学校に行きながら、
「ことばとしての英語」を身につけることが可能な英会話スクールの誕生が必要だと考えてきました。
日本の子供達にとって、できる限り多くの英語量に接する環境、まるで英語を話す家族と暮らす留学先のホーム
ステイのような環境が、近所にあればどんなに素晴らしいだろうと願ってきました。

 

そのような強い想いからWings Kids Familyが誕生しました。
私達スタッフの長年の経験と知識を凝縮した集大成の英語プログラムです。

私自身もワーキングマザーとして2人の子育てを経験してきました。
その様な体験を通し、「ママの子育サポート」をしながら地域貢献に根付いた英語教育機関を目指します。

 

WingsKidsFamilyのスタッフは、言語として多様なバックグラウンドをもっていますが英語と日本語の両方を話し
「子供と英語教育」分野での経験者です。そして、何より子供達への愛情が深く、英語教育への熱い思いを持っています。

どうぞ、是非一度スクール見学をして頂き私達に会って下さい。お会いできる日を楽しみにしています。