Chiaki

スクール側からの先生紹介

日本人の両親を持つが、マレーシアのインターナショナルスクールで育ったため、第一言語が英語、
また日本語とマレー語も使いこなすトリリンガルに育つ。
大学では首席で卒業するなど、とても努力家の彼女は今やWings Kids Familyの中心メンバーの1人。
一方で子供達にとても優しいChiakiは、何人もの子供達にとって最愛の先生となっている。

自己紹介(英文)

Japanese-born and Malaysia-raised, I have been figuring out ways to teach English and learn the language at a young age.
At the age of two, I began to teach my Mum how to say “My name is…” after consecutive hours of watching English television.
Flash forward to when I was old enough to go to school, I picked up the skills to communicate fluently in English and conversationally in Bahasa Malaysia.
However, my journey as a teacher only started when I was in university when I was undertaking my Bachelor or Hospitality Management.
I first realised that I liked speaking and sharing in front of people early on in my college years where I led presentations.
This resulted in my eventual desire to achieve the status of Valedictorian, which was a struggle that I achieved.
After I graduated, I was briefly hired by my university to teach a group of Korean students as part of their Winter School curriculum.
With the little experience in teaching that I had, I looked forward to everyday of teaching them as I saw them slowly light up with their growing abilities to use and apply the English language.
Now, as a part of the team at Wings Kids Family, I try my best to teach my students in a way that fosters healthy competition and the fighters in them.
I continue to teach these children everyday in hopes that they carry not only English education with them, but lessons that will last them a lifetime.

自己紹介(和訳)

私は、日本生まれ、マレーシア育ちで、どう英語を教えればいいか、小さい子がどう言語を学ぶのかを学んできました。
2歳の時、私は英語のテレビ番組を何時間か見たあとに、お母さんに「My name is….」から始まる自己紹介の仕方を教え始めたそうです。笑
小学校に上がる頃には、英語を流暢に話せるようになり、マレーシア語で会話できるようになりました。
私が教師を始め出したのは、大学で接客学の学位を取ろうとしていた時でした。大学に入ってすぐにプレゼンをやったんですが、そのときに人の前で自分の考えを話し、共有することが好きだということに気がつきました。
この時から、首席に選ばれたいと思うようになり、苦労の末、首席に選ばれました。卒業後、母校の大学で、韓国人の生徒たちをウィンタースクールで教える先生として働きました。
ほとんど人に教えるという経験がなかったんですが、彼らが徐々に英語で自分を表現できるようになっていくのを見ていると教えることが毎日私の楽しみになっていました。
今は、Wings Kids Family の一員として、生徒たちが切磋琢磨していくような教育ができるように努力しています。
私は、生徒たちが英語だけではなく、彼らがこの先もずっと持ち続けるような教訓も学んでほしいて思いながら、日々生徒たちに教えています!